2009年10月04日

第12回なにわ亭落語会

DSC_0006.jpgDSC_0007.jpgDSC_0043.jpgDSC_0045.jpg10月に入り3日の土曜日、午前中は雨模様であったが、午後には雨も上がり晴れてきた。
12回目を迎える今回は立川流から6月に真打昇進の志遊師匠と二ツ目の吉幸さんに高座を託した。
大入り札留めの中、1時30分に12回目の幕開けとなった。
お二人の落語は寄席でも良くかかる噺をぶつけてこられ、参加者もリラックスして聴いている様子で、噺家さんとの一体感が生まれて、なにわ亭は古典落語が醸し出す心地よい盛り上がりみせていた。

今回はゲストに志ん生を語らせては第一人者の演芸評論家・保田武宏さんもお呼びして、なにわ亭落語会を楽しんでいただいた。志ん生関連の本を多くご高著されて、今回も新書『志ん生の昭和』(アスキー新書)の即売会も兼ねた。
先生とは7月頃からか、落語とは別の会の集いが当店で行なわれる様なってお近づきになり、また芝落語会との共通点もあり、今日のゲストとして参加いただいた次第です。

今回はもう一つ;
毎日新聞の取材も入り、如何様な形かまだ分からないが掲載していただけます。
もちろんその折にはブログでも紹介します。

回を重ねれば重ねるほど充実感が生まれ、ネタ帖に歴史が刻み込まれて行き、お客様にも共感いただいて感慨無量と相成ります。

ありがとうございます。


posted by なにわマスター at 18:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

なにわ亭落語会の記録2
Excerpt: なにわ亭落語会の記録(第8回以降)。 第8回なにわ亭落語会 開催(2008年06月22日) 立川吉幸:蜘蛛駕籠/短命 立川談幸:崇徳院/鹿政談 第9回なにわ亭落語会(2008年10月05日) 春風..
Weblog: 神田・大衆割烹なにわ
Tracked: 2009-10-05 23:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。