2010年02月18日

事後報告

DSCN1386.jpgDSCN1397.jpgDSCN1409.jpg
しばらくブログ更新できずにいました。
実は1月19日より入院いたしまして、一昨日の17日(水)に退院できました。約一ヶ月となりました。

今回の入院は体調を崩した訳でもないのですが進行性の病の為、先を見据えて健康のうちにと胃ろうの手術をしましたが、想定外が2回起きて延びてしまいました。
喉が狭まっていて内視鏡が喉を通りませんのでやむなく手術の中止。やれやれ、耳鼻咽喉科にてMRI検査。咽頭癌、食道も異常なし、病からの喉の閉塞のみ、一週間後再手術で胃ろう造成成功、翌々日から2回目の想定外、高熱に見舞われへとへと、感染症となる。手術の日より点滴のみ食事なしの一週間が辛い。
2週間程の予定が2週間延びて約一月を費やしてしまった。のんびり身体を休められたのは良いのだが体力が落ちてしまい難儀しています。

帝京大学医学部附属病院は築後一年経っておらず、きれいで清潔感の病棟、13階からの眺望は唯一の救いで癒しとなってくれていた。

20日土曜日は、なにわ亭落語会、大いに笑って活力を頂戴しよう!


posted by なにわマスター at 22:21| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先手を打って胃ろうの手術とは、準備万端、遺漏なき手筈の整え。今日は慰労会も兼ねましょう。

そういえば数日前の新聞に胃ろうの解説記事が。前向きな手術なんですね。
https://aspara.asahi.com/blog/mediblog/entry/1ENvqnHYzl
Posted by 細川啓 at 2010年02月20日 10:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。