2006年06月12日

なにわ E-mail かわら版 ♪アカシアの花

梅雨入りもめげずに、上州武尊山(ほたかさん)山麓に恒例のネマガリ採りにでかけた。

東京は雨だが北関東は曇り空、ところが思わぬアクシデント。水上より湯の小屋林道で山の北側に入山計画も、土砂崩れで通行止め。それではと南側の片品武尊牧場東俣駐車場に向かったが、こちらも崖崩れで林道分岐点より先に進行できず、今日のネマガリ採りは残念ながらお手上げであった。

収穫なしの帰還ではプライドが許さず、アカシアの花を採り、早々に我が家に戻って来ました。

pseudoacacia.jpg

アカシアと呼んでいるが、アカシアという木は別にある。正式名はハリエンジュ(別名ニセアカシア)。おじさん達は西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」を思い浮かべることでしょうが、あれもニセアカシア。流行歌の歌詞で語呂からでしょうか。(梅雨の雨よりアカシアの雨が情緒たっぷりでいいですね)

蛇足。太宰治の『富嶽百景』にある「富士には月見草がよく似合ふ」の月見草とは実は待宵草(オオマツヨイグサ)と言われる(ツキミソウの花は白色)。ちなみに竹久夢二の「待てど くらせど 来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」に待草とあるのは、これも待草らしい。ただし、本人の書には待宵草とあり、いつ、またなぜ宵待草(実際には存在しない)になったのかは謎。

ニセアカシアは花の房を天麩羅、和え物、酢の物などで食します。香りが強く、良質な蜂蜜がとれることでも知られています。
どうぞ、食してみてください。
お待ちしております。


http://www.naniwadayo.com/
なにわだよ どっと 混む

大衆割烹 なにわ
神田神保町1-32-32
 TEL 03-3295-9358


posted by なにわマスター at 12:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | かわら版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

月見草は待宵草、宵待草も待宵草
Excerpt: ブログを手伝っている大衆割烹のブログ連動メールマガジンに、「アカシアと呼ばれてい
Weblog: Before C/Anno D
Tracked: 2006-06-12 18:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。