2006年11月25日

なにわ E-mail かわら版 高野公彦歌集

やぁ参りましたね!ここ一日で滅法寒くなりましたね。
あわててダウンを引っ張り出しました。
ふぐの2割引サービスはおかげ様で大好評いただいております。25日(土)まで続けておりますのでお召し上がりください。

さて、当店は場所がら出版関係のお客様が多くみられ、過去直木賞作家始め各方面で活躍のライターの方なども多くお見えになっている。

今日紹介の高野公彦先生は短歌の分野で活躍されている先生です。第1回若山牧水賞の受賞者。日頃より歌人でもある影山一男先生(柊書房社長)とご一緒に酒席をいただいている。

今般、柊書房より高野公彦歌集『甘雨』を発行されて、その中一つで当店を詠まれている歌があり皆様にご紹介させていただきます。

『神保町酒亭〈なにわ〉の小座敷で鱧食ふ夏の近づきにけり』

甘雨

鱧食ふ夏の近づきにけり

が献立に上がると、ご来店時には必ず鱧を召し上がる鱧好きな一面もある。

短歌にご関心のお客様は本のご購入を。出版元に割引価格でお願いします。


http://www.naniwadayo.com/
なにわだよ どっと 混む

大衆割烹 なにわ
神田神保町1-32-32
 TEL 03-3295-9358




posted by なにわマスター at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かわら版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。