2008年01月01日

王子稲荷 狐の行列

DSC_0088.jpgDSC_0094.jpgDSC_0106.jpgDSC_0117.jpg  『新年あけましておめでとうございます』

王子の狐の行列なる祭礼を見てきた。
我家から数キロほどしか離れていないのに、こんな祭りがあるのを知らなかった。
落語の噺にもある王子の狐の王子稲荷での祭りごと、大晦日除夜の鐘を合図に北本通りを挟んだ向かい側の装束稲荷神社を出発して王子稲荷までの狐火を再現した狐の行列である。
15回目だそうだ。広重画浮世絵(王子装束ゑの木・大晦日の狐火)1856年作
大晦日に榎木のもとで、集まった狐が装束を整え改めて王子稲荷までお参りしたとの言い伝えがある。王子稲荷の奥には狐の棲み処の穴も祭られている。
王子界隈は広重画の題材に多く取り入れられている。江戸庶民の行楽地の様であった。


これから氏神様の氷川神社まで散歩がてら初詣に行って来よう。
posted by なにわマスター at 14:52| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします。
この投稿は、王子・狐の行列の御記事の有られるすべての皆様に送らせていただいております。
ご無用であれば削除おねがいいたします。
http://ojikitune.web.fc2.com/hi-index.html
「王子・狐の行列」事務局
Posted by 2008「王子・狐の行列」事務局 at 2008年01月22日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。